忍者ブログ

うぇぶさいと SEO対策

うぇぶさいとSEO対策、ニュース、Web・IT、その他

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


キーワード


キーワード選び。やはりこのキーワード選びはとても重要です。キーワード選びを間違えてしまうと、上位に表示されたときに、意図しない結果になってしまい、残念なことになってしまいます。上位に表示された後にキーワードを変えればいいじゃんと思うかもしれませんが、上位に表示された後にタイトルを変えたり、キーワードを変えても、その順位がキープされるわけではありません。新たなキーワード、タイトルで1からまたライバルサイトと戦わなくてはなりません。ですので一度決めたタイトルやキーワードをむやみやたらに変えない方がいいと思います。変えるのは全く構わないのですがまた位置からやり直しになってしまうので、最初に入念に決めた方がいいです。

上位表示
検索上位表示

2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
「被リンク設置の時間分散」と「数」で参入障壁を築く。SEOへの参戦遅れるほど上位表示コスト上がる

出張見積無料の買取業者サイト、松山市
出張買取 松山
洗濯機 買取 松山

被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
PR

ライバル


キーワードを選定する時に、このキーワードにしようと決めたら、ライバルがいるかいないか、ライバルはどのくらいいるかを調べる必要があります。検索エンジンの検索窓に対策しようとしているキーワードを入れて検索してみます。検索結果を見て、あまりにもライバルが多かったり、ライバルが大手だった場合、キーワードを少し変えて対策します。先ほどの記事の「新宿 ランチ」はビッグキーワードですので、関連キーワードのように、新宿 ランチ ○○○○○など、らにバルトは違う手で上位表示を狙うのがいいのです^^。ライバルと同じことをしていても、どんぐりの背比べと同じでどっちもどっちで終わってしまいます。他のサイトより抜きんでることを考えなくてはなりません。

検索上位
SEO対策サービス

SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず


黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
「1URLを1つのキーワードで対策」と「1URLを複数のキーワードで対策」。前者は順位維持し易い
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
資金に余裕あるならホームページでSEO対策。資金に余裕無いならブログでSEO。集客媒体選びは重要
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート

誤字


最近、誤った入力をしても、変換キーを押すとちゃんと変換してくれるのですね!^^。記事を入力していて、よく打ち間違いをするのですが、変換キーを押すと大抵直っているというありがたさ^^♪。SEOでも誤字脱字入力をするユーザーのために対策をした方がいいようです。ビッグ→ビック、バッグ→バックのように、ユーザーがたくさん検索しているキーワードも一緒に表示されるようにします。確かに口に出してみると、バッグはバックに、ギッブはビックに聞こえないこともありません。そのまま覚えている人も多いかもしれません。そのキーワードで検索をするので、その間違いのキーワードで対策をして、検索ユーザーを囲い込むのも、対策には必要です^^。

SEO対策 実績
SEO対策 検索

3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず

情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
Google SEO対策と衛星サイト更新
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に