忍者ブログ

うぇぶさいと SEO対策

うぇぶさいとSEO対策、ニュース、Web・IT、その他

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライバル


キーワードを選定する時に、このキーワードにしようと決めたら、ライバルがいるかいないか、ライバルはどのくらいいるかを調べる必要があります。検索エンジンの検索窓に対策しようとしているキーワードを入れて検索してみます。検索結果を見て、あまりにもライバルが多かったり、ライバルが大手だった場合、キーワードを少し変えて対策します。先ほどの記事の「新宿 ランチ」はビッグキーワードですので、関連キーワードのように、新宿 ランチ ○○○○○など、らにバルトは違う手で上位表示を狙うのがいいのです^^。ライバルと同じことをしていても、どんぐりの背比べと同じでどっちもどっちで終わってしまいます。他のサイトより抜きんでることを考えなくてはなりません。

検索上位
SEO対策サービス

SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず


黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
「1URLを1つのキーワードで対策」と「1URLを複数のキーワードで対策」。前者は順位維持し易い
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
資金に余裕あるならホームページでSEO対策。資金に余裕無いならブログでSEO。集客媒体選びは重要
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
PR